• 垣根涼介『君たちに明日はない』単行本

  • 垣根涼介『君たちに明日はない』文庫本

第十八回山本周五郎賞受賞

いつか、こういう職業の人間を書いてみたいと思っていた。 これは絶対に絵になる。必ず煮詰まったドラマが起こり、何かが生まれる、と。主人公・村上真介は三十三歳のクビ切り専門の面接官。はっきり言って人に恨まれ、殴られ、泣かれる仕事です。トホホ・・・・・・。

2007.9.28 文藝春秋 文庫本 662円
2005.3.31 新潮社 単行本 1,575円

様々な極限状況の中で人生が交錯する。
リストラ請負人・村上真介参上!!
「あたしは、絶対にやめませんからっ!」

様々な極限状況の中で人生が交錯する。リストラ請負人・村上真介参上!! 「あたしは、絶対にやめませんからっ!」

 いつか、こういう職業の人間を書いてみたいと思っていた。
 これは、絶対に絵になる、と。必ず煮詰まったドラマが起こり、何かが生まれる、と。

 主人公・村上真介は三十三歳。顧客である会社から委託されたリストラ業務を専門に請け負う会社『日本ヒューマンリアクト(株)』に勤めている。
 つまりは、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、明日は商社と、次々に依頼された会社のクビ切り面接を行ってゆく。
 ちょっと想像してもらえば分かるけど、この仕事は、はっきり言って精神的にキッツイよー!
 言ってみれば、その会社の社員一人ひとりのこれからの人生を、狂わせる職業だもんね。面接相手の女性からは泣かれ、男性からは罵られ、恨まれ、ときには殴られ......やっぱりエグイ仕事だなあ(笑)。
 当然この主人公も、それら面接者とともに凹んだり、空しくなったり苦笑したりするのです。そんな極限状況の中で彼らが何を思うか、何を感じるかが、この作品の一番の見せどころ。
 ちなみにこの主人公も、私の一連の作品の例に洩れず、少しエッチな男です。好みの女性が面接相手だったりすると、つい肩入れをしたくなったりします。余計なお節介を焼いたりもします。その言動を勘違いされ、彼女たちをますます激怒させてしまうような、そんなしょうもない男です。ゲラゲラ笑って読んでもらえれば、そして読んだ後に何かを感じていただければ、これ以上の幸せはございません。

 最後になりますが、この小説を書くに際して、新潮社の二人の担当編集者にはいろいろな部分で手助けしてもらいました。特に三話目と四話目は、彼女たちの協力なしにはありえない話であったろうことを、ここに付け加えておきます。

▲ MENU