• 垣根涼介『ヒートアイランド』単行本

  • 垣根涼介『ヒートアイランド』文庫本

現代のメッキの剥がれた街・渋谷。ストリートギャングの若者たちと、裏金強盗のプロフェッショナル。この二つのベクトルが、奪われた金をめぐって虚々実々の駆け引きを繰り広げてゆく。

2004.6.10 文藝春秋 文庫本 710円
2001.7.12 文藝春秋 単行本 2,150円

 二作目。これにはきっかけがあります。
 十数年前、ぼくは学生で、まだバブルの絶頂期でした。
 割のいいアルバイトには不自由せず、コンパだ打ち上げだと飲み歩き、学生達は企業内定を、まるでトランプゲームのようにいくつも両手に抱えていました。
 そんな自分と同じような学生に、卒論の調査かたがた、ふと思いついて聞きまわってみたことがあります。
「これからの将来、あなたは、あなたを取り巻く状況は、良くなっていくと思いますか?」
 答えは、すべて、ノー。
 たぶん、みんなもどこかで感じていたんでしょうね。
 それでも、ぼくを含めて、真剣に考えることから逃げ、どこか流されて生きていたんでしょうね。
 この「ヒートアイランド」は、それが現実となった社会の中で苛立ち、うごめき、なんとかその殻を突き破ろうとする男たちの話です。
 境界からこぼれ落ちそうになっている若者たちと、完全にドロップアウトした法の外の住人たち。
 年齢も、置かれた立場も違うこの二つのベクトルが、奪われた金をめぐって、追うものと追われるものに。その金に絡む利権が、さらに新たな集団を巻き込んでゆきます。
 それら異種の男たちが、勝者の座をめぐって、虚虚実実の駆け引きを繰り広げてゆくというストーリィです。
 最後に残るものと、「ヒート アイランド」の意味。答えはすべて、ラストです。


この作品の書き出しの一文は、こうです。
「暮夜に雨はやんでいた……」

▲ MENU