バックナンバー
最新号 / 2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年
2010年 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年 / 2004年
2004年
2004年12月5日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.006]

第六作『クレイジーヘヴン』、12月8日に発売です!

2004年11月7日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.005]

大変ご無沙汰いたしております。

2004年7月30日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.004]

第五作『サウダージ』八月四日に発売です

2004年7月13日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.003]

7月18日NHK・BS「週刊ブックレビュー」

2004年6月4日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.002]

みなさまの応援のおかげ。ありがとうございます

2004年5月5日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.001]

皆様へのご挨拶

2004年12月5日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.006]

第六作『クレイジーヘヴン』、12月8日に発売です!

 どうもコンニチハ、垣根です。
 おお。いつの間にか師走になってしまいましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 さて、いよいよ私の六作目・『クレイジーヘヴン』が発売です。内外装ともに気合が入った仕上がりで、鼻息もますます荒くなりつつある今日この頃であります。
 ちなみに同日発売予定の「このミステリーがすごい2005年度版」でも、私の特集が出ておりますので、もしよろしければそちらもご覧ください。

 とまあ、ここまでは一応、必要事項の通達をさせていただきましたが、みなさまがこのメールを読まれるころ、私はふたたび取材旅行に出かけております。沖縄本島と石垣と与那国をぐるりと回り、八日間の予定。コロンビアなどとは違って、間違っても死ぬようなことはないでしょうから、鼻歌交じりで行ってまいります。

 さて、ここからが本題。
 前の号で私のクルマのことをちらりと書いたように思いますが、いよいよ十年目を迎え、本格的なお化粧直しに入ります(というか、その間に他に乗り換えたいクルマに出会わなかったので、仕方なく……)。
 まず内外装をすべて取り外した上で、カクタスグリーンメタリックにオールペン。この時点で剥き出しになったシャーシの歪み調整と、シャーシに付随するすべての部品の締め直し。排気系と前後のタワーバーも交換。曇ってきたグリルとヘッドライト、サイド、フォグも交換。最後にエンジンマウントのやり直しと、17×7Jアルミ&45タイヤの足廻りアライメント調整で、〆て百万円コース。三週間後には仕上がる予定です。
 ま、三十八にもなって、相変わらずこんなバカなことをやっている私。しかし、うぅ……楽しみ。

 先々週あたりから、ようやく週に三回のペースでプールに行けるようになりました。週に9キロほど泳ぎます。おかげさまで体調もすこぶる良いです。このコンディションで、冬場を乗り切りることができればと愚考しております。
 誰かの偉い言葉(たしか山内容堂)───『天なお寒し、自愛せよ』。
 みなさまも、お気をつけて。
『クレイジーヘヴン』も、よろしくお願いいたします。

垣根涼介

2004年11月7日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.005]

大変ご無沙汰いたしております。

 皆様、大変ご無沙汰いたしております。
 垣根でございます。

 早いもので皆様に最後にメールをお送りしましてから、二ヵ月半近くが経ってしまいました。夏だ、夏だとはしゃいでいたのが、いつの間にかすっかり秋です。

 ここのところ取材旅行が立て続けにあり、さりとて日々の仕事もこなさなければならず、もうムチャクチャ忙しい日々がつづいております。日課のプールにもなかなか行けていないのが実情ですね。「貧乏ヒマなし」とは、まさしくこういうことでしょう。

 おまけにパソコンをヴァージョンアップしたら、無線LANがぜんぜん機能しなくなったり(おいビル・ゲイツっ、聞いているか。XP SP2の評判、相当悪いぞ。世界中のユーザーから恨まれてるぞ)、クルマのホイールを17×7Jに履き替えて45タイヤを噛ませたら、ホイールバランスが大幅に狂ってしまったりと、もう、災難続き。

 えー、いったい何を言いたいのかと申しますと、皆様からありがたく頂きましたファンメールにも最近あまりお返事できていませんのが実情です。ごめんなさい。

 でも、いつも目を通させていただいております。そしてその内容にゲラゲラ笑ったり、ほほー、と感心したりしております。私の明日への活力源となっております。

 というわけで、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。あらためて、皆様へ感謝の気持ちをこめて。

垣根涼介

2004年7月30日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.004]

第五作『サウダージ』八月四日に発売です

 みなさんコンニチハ。暑いっすね。

 あまりの暑さに、都内に出たついでに代々木体育館の屋内プールに泳ぎに行ってきました。憧れの五十メートルの長水路。うぅ……嬉しい。経験したことがある人は分かると思うんですが、二十五メートルと五十メートルのプールでは、泳ぎ始めたときに、そのレンズに映る水の広がりがまったく違うのですよ。特に代々木の長水路は水深も深く、まさしくディープ・ブルーの世界。

 さて、前置きはこれぐらいにして、八月四日に『サウダージ』(文藝春秋)が出ます。

 私にしては珍しく、男女の関係性を全面に押し出したお話となっております。血みどろの恋愛モノ。

 より楽しみたい方は、『ヒートアイランド』、『ギャングスター・レッスン』を読まれてから本書に移ることをお勧めいたします。時系列的にはこの流れになりますので。

 では、酷暑を乗り切るには、醤油焼きのトウモロコシに心太(ところてん)、ということで。

 みなさまもご自愛ください。

垣根涼介

2004年7月13日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.003]

7月18日NHK・BS「週刊ブックレビュー」

 どうもみなさんこんにちは。垣根です。
 暑い、暑い、暑い!
 とにかく先週末までは強烈に暑かったですねー。
 運悪く部屋のエアコンが壊れ、死にそうになりながら仕事をしていました。うー。

 さて、たまには動く私を見てみたいという奇特なお方は、7月18日放送予定のNHK・BS「週刊ブックレビュー」をご覧ください。ゲストで出演します。
 放送は午前8時からと午後11時45分から。
 間抜けなことを言わないように気をつけます。

 それと、今回はもうひとつ。
『サウダージ』(文藝春秋)の発売日が、八月四日と決まりました。
 私にしては珍しく、コテコテの、そして血みどろの恋愛ものとなっております。
 単体として読んでいただいても、ちゃんとした読み物に仕上げたという自負はありますが、時系列としては『ヒートアイランド』、『ギャングスター・レッスン』の後を受けての話なので、これら二作品を読んだ上で移行していただければ、
 より楽しんでいただけるのではないかと拝察させていただく次第です。

 では、たまにはゴーヤチャンプルでも食って、
 今年の夏も乗り切りましょう。

垣根涼介

2004年6月4日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.002]

みなさまの応援のおかげ。ありがとうございます。

 どうもみなさん、垣根です。

 今日は初夏を思わせるいい風でしたね。
 六月最初の週末を、いかがお過ごしでしょうか?

 さて、ご報告がたいへん遅くなってしまいましたが、先日、拙著『ワイルド・ソウル』が、第五十七回日本推理作家協会賞を受賞いたしました。これで第六回大藪春彦賞、第二十五回吉川栄治文学新人賞と合わせまして、(堂々の?)三冠達成でござりまする。
 これもひとえにみなさまの応援のおかげ。ありがとうございます。

 ところで六月十日発売の『ヒート アイランド』(文春文庫)が、早いところでは書店に並んでいるようであります。
 未読の方は、ぜひご賞味ください。
 六月二十日発売の『ギャングスター・レッスン』(徳間書店)も、十五日ごろには書店に並ぶとのこと。こちらもどうぞよろしく。

 来週の中当たりから、十日ほどモルディブに行って参ります。
 久しぶりの骨休め。あー。人生ラクありゃ苦もあるさ〜♪ ずんちゃかずん。
 そいえば水戸黄門って、ここ三十年ほど見ていない。
 ではでは。

垣根涼介

2004年5月5日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.006]

皆様へのご挨拶

みなさま、こんにちは。

垣根涼介です。

このたびは、メールニュースにご登録いただいた皆様へのご挨拶と

いたしまして、今こうやってパソコンに向かっております。

さて、ゴールデンウイークも残りあと一日となってしまいましたが、

いかがお過ごしでしょうか?

私は、セコセコと仕事シゴトしごとの五日間でございました。

唯一の息抜きはプールに泳ぎに行くことだけと言う、悲しい現実(泣)。

自営業のつらさですね。

ま、仕事が遅い自分もいけないのですが。

そんなわけで、これからもよろしくお願いいたします。

まずは、ジャブ程度にご挨拶まで。

垣根涼介
▲ MENU