バックナンバー
最新号 / 2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年
2010年 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年 / 2004年
2009年
2009年12月16日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.037]

師走! 師走!!

2009年10月23日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.036]

文庫発行 & テレビドラマ & 新刊情報のお知らせ…その他もろもろ

2009年4月8日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.035]

FM出演&対談、その他余談。

2009年3月21日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.034]

近況報告&文庫発売のお知らせ

2009年12月16日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.037]

師走! 師走!!

 どうも垣根です。皆さんお元気ですかね。

 私はと言えば、去年の夏から今年の春までまったく仕事をしていなかったせいで、その皺寄せが今、年末待ったなしのスケジュールと共に押し寄せて来ております。もう死ぬほど忙しいです。フルブースト状態で、ただでさえ鬱病持ちのタービンが喘ぎっぱなし(苦笑)。

 仕事・個人の付き合いを問わず忘年会のお誘いをすべて断り、クリスマス経由年末までひたすら一人で仕事であります。さらには飯を食いに行ったり作ったりする時間ももったいないので、大鍋に大量野菜ぶち込みの鶏肉水炊き鍋を作り、それを三日がかりで食べている始末。ひょっとしたら年賀状も出せないかも……貧乏ヒマなしってのは、こういうことを言うんでしょうな。

 しかしまあ、どこかで自分の仕事のお尻は拭かなければならないということで、この忙しさにも納得はしていますけどね。

 ま、こんな感じで相変らず滑ったり転んだりを繰り返しながら、基本的には元気で生きております。

 では皆さん、チト早いですが、いい年の瀬を。

垣根涼介

2009年10月23日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.036]

文庫発行 & テレビドラマ & 新刊情報のお知らせ…その他もろもろ

 どうも大変ご無沙汰しました。
 ここ三年ほど苦しんでいた精神の病からもほぼ開放されつつあり、主治医によればほぼ九割の仕上がりだと言われました垣根です。ふう。
 で、最近の私は何をやっているかと申しますと、五月頃から徐々に本格的に仕事に復帰して、現在は、日々、体力的には八割ほどのパワーをかけて執筆をこなしております。ここぞというときにマックスのパワーをかけると(反面、そんなときはかけざるをえないのですが)まだ神経がグズグズになって、復調するまでに三日から一週間、廃人同様の時間がかかります(苦笑)。

 さて、しばらくぶりのメールですから、皆さんに色々とお知らせすることがあります。
 長くなりますよ(笑)。

 まずは文庫の発刊からいきましょう。
 10月28日に、『借金取りの王子』と『ワイルド・ソウル(上・下)』が新潮社文庫より同時に発売されます。
(え? だって『ワイルド・ソウル』は、もう幻冬舎文庫であるじゃん?)と思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。
 実はいろいろな事情があり、このたび新潮社文庫でも出すことになったのです。ただ、この件を快諾していただいた幻冬舎の編集担当者ならびに見城徹さんには、心から感謝しております。その経緯を思い出すたびに、漢(おとこ)だな、と思います。
 ちなみに今回、この二つの文庫の解説の解説を書いていただいたのは、文芸業界の方ではありません。『借金取りの王子』が宅間孝行(脚本化・俳優)、『ワイルド・ソウル』が宮沢和文(ミュージシャン・『ザ・ブーム』のリーダー)という方々です。
 宮沢和文さんが何故『ワイルド・ソウル』の解説を書いてくれたのかは、解説は要らないでしょう。ブラジルつながりということがポイントですね。
 次に、宅間孝行さんです。
 NHKの朝の蓮ドラ『翼』にも出ていた俳優さんですね。脚本家(旧名サタケミキオ)としても『花より団子』など様々な実績がある方で、実は、二年前に公開された映画『ヒートアイランド』の脚本も、彼の手によるものです。
 悲しいかな、映画自体はそんなにヒットしませんでしたが、それでもぼくは彼の脚本には大変満足していました。なによりもユーモアを軽く転がすセンスが素晴らしい。
 以来、たまに会って飲んだりしています。
 そして、ここからが本題です。
 既にメディア報道などでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、『君たちに明日ない』&『借金取りの王子』が、来年1月16日(土曜)の夜九時より、NHKで連ドラになります。ドラマのタイトル自体は『君たちに明日はない』です。全六話で、二月の末までですね。主演は坂口憲二、田中美佐子、須藤理沙、麻生裕未、堺正章(敬称略)などの方々です。
 で、この脚本を宅間さんが手がけています。というか、以前の企画立ち上げのときに、ぼくが宅間さんを指名したらしいということを、番組のプロデューサーから聞きました(すっかり忘れていました……間抜け)。
 ドラマ・映画は、まず脚本がありきですが、期待通りの素晴らしい仕上がりとなっています。皆さん、放送開始をお楽しみに。

 次に、単行本の新刊情報です。
 まずは『君たちに明日ない』の第三弾が、来年1月の上旬に新潮社より出る予定です。題名は未定。というのも、今必死に書いている最中だからです(苦笑)。半ばまで書き終わりましたが、11月末までに全校を脱稿しなければなりません。これからどうなることやら……。
 さらに、『ヒートアイランド』の第四弾、『サンクチュアリ』が来年四月に発売予定。これはもう脱稿していますので、予定通りに出せると思います。
 おぉ…そう言えば新聞連載を終了したというのに、もう二年間も書斎に転がしたままの800枚のゲラもあります。中央公論新社より出す『めだかの学校』。
 しかしこれは、最も病気がひどい最中に書いたので、まだ見直すのが辛いです。発売までにはもう少し時間を下さい。

 そして最後に、さらに文庫発売情報を二冊。
 来年の二月に『真夏の島に咲く花は』(講談社文庫)が、そして来年の四月にはリニューアルした『ギャングスター・レッスン』(文春文庫)が発売の予定です。
 これはまた、近々になりましたら改めてお知らせしますね。

 ……とまあ、こんな感じでしょうか。
 最後にぼくの精神面ですが──上手く言えないのですが──最近は『生きている喜び』のようなものを実感できる日々が多くなったような気がします。
 むろん仕事は大事です。ある意味、命賭けてます。
 でも、仕事で身を削りすぎると自分の存在自体が崩れ、果ては仕事自体も台無しにしてしまうという自明の理に、ようやく気づきました。
 楽しみを持ちながら書く。楽しみを持ちながら生きる。
 これが、基本のような気がします。
 まだ薬も飲んでいますし、もちろん辛いときもありますけどね。
 でも、人生も仕事も、Keep Walking──。

 では。

垣根涼介

2009年4月8日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.035]

FM出演&対談、その他余談。

 どうもみなさんこんにちは。垣根です。

 さて、今回はまず、ラジオ出演のお知らせです。

 全国26局を結ぶJFN系FMで、『ザ・ブーム』の宮沢和史さんがやられている『MIYA THE WORLD!!』という番組に、ゲストとして出演しております。

 オンエアは4月15日〜21日の間の、各JFN系FM局です。詳しくは下記をご覧下さい。

『MIYA THE WORLD!!: NET局 アーカイブ』

 あー、しかし今回の出演、いつもの私ならメディアに出てもほとんど緊張しないのですが、この番組では初のゲストだということを収録直前に知らされ、そのスタッフさんたちの緊張がモロに伝わってきて、なんだか私も変に緊張しました(ひょっとしたら、まだ病気のせいもあるかも知れません…)。

 で、何を言いたいかといえば、私、この番組で発言した内容は、かなり上滑りしております(苦笑)。多少生意気なことを言ったようですが、ご勘弁を。


 次に対談のお知らせです。

 小説現代の五月号(4月22日発売)で、作家の恩田陸さんと対談しております。意外に思われる方がいるかもしれませんが、恩田さんの小説、私は何気に好きなのですよ(笑)。
 こちらはまあ、以前からの顔見知りということもあり、とくに緊張もなくスムーズに進んでいきました。

『講談社 BOOK倶楽部:文芸書 小説現代』

 実は去年も三、四度、雑誌上では他の作家と対談をしていたのですが、あの頃はまだまだ体調が整わず、皆さんにお知らせする気力がありませんでした。でも今後は、こういう機会があれば、必ずこの場でお知らせするようにしますね。


 さて、最後に余談。

 東山彰良という作家が、今年、大藪春彦賞を受賞しました。実はこの受賞、私はわがことのように嬉しかったですね。ついにこういう種類のポップな小説が、名だたるプロの作品に混じって正当に評価される時代が来たのか、と。

 数年前、彼の本の帯にフレーズを頼まれたときに、私はこう書いています…。

『疾走する文章、あえぐ行間、きらめくセンス……この作者には、自分と世界との境界がくっきりと見えている。その境界の果てに広がる地平に焦がれ、しきりと喉の渇きを訴えている。ひきこもりの小説で泣いている暇はない。時代はさらに急いでいる。オフビートとは、こういうことだ!』

 …この思いは、今も変わりません。
 ちなみに今は、その文庫の解説などをセコセコと書いています(笑)。
 現時点の彼の本で、最もお勧めなのは『路傍』(集英社)かな?
 皆さんも気が向いたら手に取ってみてください。
 (って、人の本の宣伝をしてどうすんだ!)

 では。

垣根涼介

2009年3月21日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.034]

近況報告&文庫発売のお知らせ

 皆さんご無沙汰しております。

 さて、2009年に入り、はや三ヶ月が経とうとしておりますが、実は今年の一月からようやく少しずつ小説を書き始めました。別冊文藝春秋にて連載を中断していた『サンクチュアリ』(ヒートアイランドの第四弾)です。

 とは言っても、昔のようなペースでは進まず、まだまだ鈍亀状態ですが(苦笑)。

 それでも少しずつ時間をかけてペースを上げていければと思いますので、どうぞ皆様、長い目で見ていただければと存じます。

 あとは文庫発売のお知らせですね。3月25日に中公文庫より『ゆりかごで眠れ』の上下巻が発売されます。早いもので、あのコロンビアマフィアの話を書いてから、もう三年が経つんですね。

 考えてみれば、私も来月で四十三歳です。でもちっとも大人になったという感覚がなく、相変らず人生いろんなことに迷いっぱなしですわー。

 ま、そんな人生も良しとする哉、などと思いつつ過ごす春の夜。
 ではでは〜。

垣根涼介
▲ MENU