バックナンバー
最新号 / 2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年
2010年 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年 / 2004年
2013年
2013年9月8日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.054]

以前から、読んでいただいている方々へ。

2013年8月23日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.053]

もし、十年……。新刊『光秀の定理』、8月30日発売

2013年6月19日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.052]

皮がブワブワ & 文庫の新刊

2013年5月28日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.050]

トークイベントのご案内 & 近況

2013年3月2日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.051]

しごと、仕事の毎日 & トークイベントのお知らせ

2013年1月27日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.049]

ボサボサしてたら新年 & テレビ出演のお知らせ

最新号

2013年9月8日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.054]

以前から、読んでいただいている方々へ。


垣根涼介

2013年8月23日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.053]

もし、十年……。新刊『光秀の定理』、8月30日発売



垣根涼介

2013年6月19日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.052]

皮がブワブワ & 文庫の新刊

 こんにちはー、垣根です。

 うーむ、しかしどうも皮がブワブワするなー。頭の皮が(苦笑)。

 急激に気圧が下がってくると、決まって頭皮が膨らむような感じで、アタマの中もブワブワとして気持ち悪い時があります。で、天気予報を見てみると、決まって天気は急激に下り坂……今も日本に、台風が接近して来てますなー(汗)。

 ちなみにこれ、祖母からの遺伝です。その昔、祖母が『あー、アタマのブワブワするけん、明日は雨ばい』と言うと、確かに翌日は決まって雨でした。

 まあ、体感天気予報ですな(笑)。



 さて、文庫の新刊です。中央公論新社より『人生教習所』(上・下巻)が6月25日に発売になります。よかったら、手に取ってみてください。



 垣根涼介 Dawning day, Dawning life. 『人生教習所』

2013年5月28日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.051]

トークイベントのご案内 & 近況

 どうも垣根です。すっかり初夏を思わせる陽気ですなあ。
 まあ私は、相変わらずボチボチとその日その日を送っております(笑)。パーシャルな毎日とでも申しますか、ほどほどに自分に負荷をかけながらも、ほどほどにストレスを逃すというか、ようやくこの歳になってそういう力の加減を覚えつつあります(苦笑)。
 私の場合、五、六年ほど前まではどうしても気性的に『思いっきりやるか、もう何もやらないか』という両極端に振れることが多かったのですが、こういうオンとオフだけを繰り返す状態というのは、いきなりエンジンをかけてフル加速を続け、またすぐにエンジンを止める、というようなもので、体力的にも精神的にもかなり負荷がかかり、なんというか『おれって、本当にアタマが悪いなあ……』とその度に思っていたものです。
 まあ、元々たいして賢い生き方をしてきたとも思ってないんですが(苦笑)、愚か者が改めて自分の愚かさ加減が肌身にしみ、多少でもマシになればと思って、この歳になっても色んなことを考え、日々気づいたことを少しずつ実行している次第です(笑)。

 さて、トークイベントのご案内です。JTと毎日新聞社、日本推理作家協会が主催するトークイベント『嗜好と文化2013』が、7月2日(火)の18:30より都内の千代田区にて開催されます。五百名さまの招待で、参加は無料とのことです。

 嗜好と文化2013〜人生を豊かにしてくれるもの〜 | JT ウェブサイト

 嗜好と文化 - 毎日jp(毎日新聞)

 皆さん、もし時間が取れるようでしたら、上記アドレスのどちらかより、メールにてお気軽にお申し込みください。

垣根涼介

2013年3月2日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.050]

しごと、仕事の毎日 & トークイベントのお知らせ

 どうもこんにちは、垣根です。
 ここ一ヵ月半ほど、家からほとんど出ず、運動もせず、ひたすらパソコンの画面に向うだけの、久しぶりの執筆地獄を味わっております。

 さて、告知するのがずいぶんと遅くなりましたが(すいません)、来る3月9日(土)の午後に、東京は丸の内にて、トークイベントに参加することになっております。

 筑波大学開学40+101周年プレ記念イベント『東京フェア』

 入場は無料です。私が卒業した大学のイベントですが、どなたでも気軽に参加できるとのことです。もし気が向かれたら、上記のサイトからお申し込みください。

 うーん、しかし……。
 忙しい。泣きたい(苦笑)。

 ではではー。

垣根涼介

2013年1月27日配信 [垣根涼介 Dawning Mail.049]

ボサボサしてたら新年 & テレビ出演のお知らせ

 どうもー。小説を書く以外は、相変わらずボサっと過ごしている垣根です。
 昔のある人が『人生では、ようやく一事を成せるのみ。 他のことはすべて余技である』とか言っておりますが、それをちゃっかり自分の言い訳にも使っております(苦笑)。
 まあ、何か一つでも夢中になれるモノがあれば、それでも充分に幸せなことなんでしょう。

 さて、テレビ出演のお知らせです。
 1月29日の午後十時より、BS11『宮崎美子のすずらん本屋堂』に出演します。
狛犬ジョンの軌跡』が先月に発売され、それに合わせた出演というわけです。三十分ぐらい続けざまに喋っています。
 実はこの前日にたまたま読み出した思想書関連の本が異常に面白く、結局は朝方まで読んで、完全なる寝不足のまま顔を出しておりますので、ときおりぼうっとしていたり、答え方になにかと曖昧な部分もあるかと思いますが、なにとぞご了承ください(笑)。

 それで思い出したのですが、私も含めて人の話というのは、その時々の心持ちで、微妙に色合いが変わってくるものです。以前の発言とはニュアンスが違うことを言ったり、その思考の方向性が多少変わっていたりもします。時間の経過や状況の変化と共に、人は変わっていくものだからでしょう。
 それが成長(あるいは堕落)ということでもあるでしょうし、また聞く側にとっては、『この人は、少なくとも今の時点ではこう思っているに過ぎない』という態度で聞くのが最も良い方法のように思えます。もちろん意地悪い意味では、全然ありませんよ。
 現時点での確信は、未来においては常に流動するものでしょう。過去からの流れも、また然り。

 そういえば、昔(ほんのちょっと)勉強した心理学の講義で、
『人は、明確に言いたいことがあるからそれを口に出すのではない。無意識に、曖昧模糊としたものに突き動かされて喋っているうちに、その主体としての自分が何を言いたいのかを、ようやくはっきりと掴めてくるものだ』
 なんて意味の言葉がありましたねえ。
 嗚呼、この矛盾。めんどくさいなー(笑)。
 まあ、これは小説を書く際にも言えることですけどね(苦笑)。
 ではではー。

垣根涼介
▲ MENU