渇いた者だけが、煌めきを見る。

室町無頼

最新刊のご案内

室町無頼

この剥き出しの時代に、自分の武器を持て。

応仁の乱前夜の京。天涯孤独の少年、才蔵は骨皮道賢に見込まれる。道賢はならず者の頭目でありながら、幕府から市中警護役を任される素性の知れぬ男。やがて才蔵は、蓮田兵衛に預けられる。兵衛もまた、百姓の信頼を集め、秩序に縛られず生きる浮浪の徒。二人から世を教えられ、凄絶な棒術修業の果て、才蔵は生きる力を身に着けていく。史実を鮮やかに跳躍させ混沌の時代を描き切る、記念碑的歴史小説。

2019.1.27 新潮文庫 上 680円 / 下 637円

垣根涼介 好評近刊

  • 信長の原理

    信長の原理

    何故おれは、裏切られ続けて死にゆくのか。

    詳細はこちら

    リンク
  • 真夏の島に咲く花は

    真夏の島に咲く花は

    変わりゆくこの世界の中で、私たちは仲良く暮らしていけるだろうか?

    詳細はこちら

    リンク
  • 光秀の定理

    光秀の定理

    明智光秀はなぜ瞬く間に出世し、織田信長と相前後して滅びたのか?

    詳細はこちら

    リンク

お知らせ

トップへ